「不動産投資」の検索結果 13件

1/2ページ

サラリーマンに不動産投資が最適な理由

サラリーマンに不動産投資が最適な理由 こんにちは!黒崎こうきです。 あなたは不動産投資はお金持ちの大富豪がやる別世界で 自分に不動産投資はできないと思い込んでいませんか? でもそれは大きな間違いです! むしろサラリーマンこそ不動産投資に向いている最高の状態なのです 。 事実私は、現在26歳で既に不動産を3つ購入しています。 これはすべてサラリーマン時代に買ったものです。 では、なぜサラリーマンが不 […]

青木宏樹【資産形成とは?不動産投資の評判】

こんにちは!青木宏樹です。 不動産投資について今どんな時代、評判なのか真実をご存知でしょうか? 簡単に言えば今は転換期といわれる時代に突入しています。 これは青木宏樹だけではなくすべての不動産投資に関わる人が思っていることだと思います。 それもただの転換期ではなく大きな大きな転換期なのです。 2012年12月第2次安倍政権が誕生し、株価や不動産価格は軒並み上昇しています。 2013年1月日銀(日本 […]

サラリーマン不動産投資ポイントまとめ

会社の給料だけで老後の資金を貯めるのは難しい。近年副業を認める会社が増えていることは、「一生を面倒見ることはできないから、自分で何とかやってくれ」というメッセージと捉えるべき。 自分の体と時間を使って、それに比例して対価を得られることを「労働集約型ビジネス」という。しかし、労働の対価としてお金をもらっていると自分の労働力として吸い取られてしまうため、考え方を改めたい。 「勤務先」「年収」「勤続年数 […]

内田かな【保険と不動産投資】

内田かな 埼玉県さいたま市出身 上智大学卒業 今は安定した収入を得ているし、それなりの退職金ももらえるはず。 だから老後なんてまだまだ考えなくて大丈夫なんて甘い考えを持っていませんか? 特に、20~30代のサラリーマンの多くはそのように考えているのではないでしょうか? しかし、今の時代はそんな甘い考え方では必ず老後に困ります。 たとえ、今1000万円を超える収入があるサラリーマンでさえ安心してはい […]

長谷川たくま【経済・資産構築から不動産投資を考える】

【プロフィール】 株式会社Realize 代表取締役 長谷川 たくま 出身 兵庫県西宮市 現在 大阪府大阪市在住 京都工芸繊維大学(国立大学)卒業 某大手通信会社に勤務し、会社員属性を活かし、京都に4000万円で不動産物件を購入。 その後 2017年3月に株式会社Realizeを設立 事業内容 不動産投資事業・スクール事業・コンサルティング事業 個人の起業家に対していかに副収入構築・資産形成を行う […]

北野昇平【仮想通貨と不動産投資】

北野昇平(キタノショウヘイ) 仮想通貨を軸に不動産投資アドバイザー、コンサル事業など複数のキャッシュフローを構築する専門家 毎年収入を増やし続ける方法があることをご存知ですか? 結論から申し上げます。 「できなかったことをできるようにすると収入が増える」 つまり成長するということです。 今勤めている人も新しいことができるようになったら役職が上がりますよね。 話すスキルが上がったり、営業が上手くなっ […]

青木宏樹【都心不動産 vs 地方不動産】

青木宏樹(あおきひろき) 1986年神奈川県横浜市生まれ。東京都港区在住。 家業が工務店だったこともあり幼い頃より建築業界を目指す。 高校卒業後、建設会社にて10年間現場監督として従事。 22歳で建築士資格取得、23歳で宅地建物取引士取得。 その後、友人の紹介で福岡で飲食店を経営。 月収15万円で休みなく働いていた時に金川顕教さんと出会い、人生が一変する。 深夜残業後、副業で物販ビジネスを始め、初 […]

青木宏樹【起業する前にサラリーマン時代にやること】

こんにちは!青木宏樹です。 今日はこれから起業を考えているサラリーマンに向けてのメッセージです。 安全に起業する方法をご存知ですか? 起業して事業が上手くいくかいかないかはいろいろなことに左右されます。 少し前までうまくいっていたのにいきなり傾く会社も珍しくありません。 起業後5年たてば起業した会社の15%しか生き残らない時代です。 だからこそサラリーマン時代しかできない準備をしておかなければなら […]

青木宏樹【プロと同じ物件を見つけるには!?】

こんにちは! 青木宏樹です。 不動産投資において成功する方法はいい物件を見つけることです。 ではどうやったらプロと同じ物件を見つけることができるかご存知でしょうか!? それは信頼できるプロに任せるということです。 え!どういうことでしょうか?と思う人もいると思います。 プロつまり不動産会社です。 営業マンなんて嘘ばかりで信頼できないと思う方も多いのではないでしょうか? しかしそれは違います。 確か […]