北野昇平【仮想通貨で不動産を買う時代】

北野昇平【仮想通貨で不動産を買う時代】

こんにちは!北野昇平です。

皆さんご存知ですか?仮想通貨で不動産を買う時代が来ています!

仮想通貨で買えるものは何ですか?聞かれるとだいたい思いつくのはこんなところではないでしょうか?
ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、メガネスーパー、DMM.com、ビットコインモールなど

今、仮想通貨で買えるものがどんどん増えてきています。

まだまだビットコインがメインな状況ですが、これから他の通貨も使えるようになる時代も近いでしょう。

そして今、新たに不動産を仮想通貨で買える時代になってきました。

シノケングループのシノケンコインを市場に出し、積極的に仮想通貨を市場にとり入れようと動いています。
他にもJITホールディングスがビットコインとイーサリアムで決済できるようにしたり、
積水ハウスも仮想通貨のシステムに目を付けて管理システムを構築しています。

他にもコインチェックが株式会社デュアルタップと手を組んで、仲介手数料の決済手段として活用しているのが有名でしょう。

このように、不動産業界にも仮想通貨は進出しています。

シノケングループの取組を見ていきましょう。
株式会社シノケングループは日本有数のブロックチェーン技術開発企業である株式会社chaintopeと手を組んでブロックチェーン技術を活用した不動産サービスの開発しております。
シノケンコイン(略称SKC)はオーナー様と入居者様向けのスマートフォンアプリの開発予定です。

シノケンコインは30兆円もある仮想通貨市場規模を利用し、将来的には家賃、電気代やガス代等の決済手段として利用できるようすることを目標としています。
また、近い未来にはシノケンサービス外へのサービスにも利用できるように考えているみたいです。

不動産屋としての能力はここでは触れませんが、いち早く仮想通貨を業界に取り入れる動きはとてもいいと思います。

いま、仮想通貨の時代はもう終わったと思っている人も多いと思いますが時代は日々動いています。

このように仮想通貨の時代はまだまだこれからです。

仮想通貨に注目が集まりすぎて。詐欺などで少しみんなが引いている停滞期に入っただけです。

逆に言うと今仕込むことができれば絶対にチャンスが訪れます。

しかし、勉強しないとチャンスを逃してしまいますので仮想通貨と不動産に興味ある方はご相談ください。

無料相談受付中です。



LINEで無料相談

北野昇平カテゴリの最新記事