内田かな【昔のインフレと今のインフレの違い】

内田かな【昔のインフレと今のインフレの違い】

こんにちは!内田かなです。
昨日、近内勇介さんから引き継いだ「昔のインフレと今のインフレの違い」についてお話していきたいと思います。

20年以上続いたデフレからのインフレと高度経済成長期に起こったインフレの違いはあるのでしょうか?

結論から言うと「違います」というのが答えです。

今のインフレに対応できなければ結果的に資産形成はできませんので、よくわかっていないであろうサラリーマンは必ず見てくださいね!

ではどう違うのか説明していきましょう。

まず大前提として、今起きているインフレの正体を知らなければ理解できないので考えてみましょう。
1990年頃までの日本と今の日本では物価、不動産、株価の上昇という面をみれば実はよく似ています。

しかし、昔のように日本の好景気が再び訪れるのかといえば、そうではないですよね?
1990年頃までの日本では、物価、不動産、株価の上昇に加え、通貨高、高金利が伴っていました。
通貨高、高金利は国が成長するときに起こる現象です。でも今は低金利で通貨安の真逆です。

昔の高金利といってもあまりイメージがつく若い方もいないのではないでしょうか?

わかりやすく言えば、郵便局(現:ゆうちょ銀行)です。
昔は定期預金の年利は何と12%でした。その他の銀行もいまより圧倒的高金利だったのです。
そしたらみんなどんどん貯金をしていたのです。でも今は通貨安、低金利です。
ここが昔とは決定的に違います。

今の日本は成長していないのです。

今訪れたインフレはお金の価値が下がったことに伴い物の値段が上がっているのです。これが今起きているインフレなのです。

じゃあなんで通貨安になっているの?と疑問に思う人もいると思いますが、これは実は国策なんです。
通貨安は安部政権の進めているんです。2013年4月4日に日本銀行の黒田東彦総裁がこう言いました。

「マネタリーベースを2年間で2倍にする」

この意味わかりますか?おそらくわからない人が多いのではないでしょうか?

これは簡単な言葉に直すと「お金の供給量を2年間で2倍にする」って言ったんです。

まだピンと来ない方も多いかもしれません。

でもマーケットを見ていただければわかりますが、この時なんと4円弱の円安に進んでいます。
マーケットに参加している人はこの言葉の意味をしっかり理解していることがわかりますね。ちなみにこれだけでは終わりません。

そこから1週間で約8円下がりました。

ちなみに2013年4月4日は1ドル92円から100円に変わりました。
さらに今は1ドル110円ですよ。圧倒的な円安なのです。

ではなぜ円の価値が変わるのか?これを知るためにはマネタリーベースを理解する必要があります。

マネタリーベースとは、私たちの財布に入っているお札と小銭それから各銀行が日本銀行の口座に預けているお金、これら3つの合計値のことを指します。

金融緩和が発表される前の「3つの合計」の内訳
お札 82兆8000億円
小銭 4兆5300億円
日銀の口座 47兆円
合計で134兆円

上の数値を、黒田総裁は2年間で270兆円まで増やすと発表したのです。

発表後5カ月後、マネタリーベースは42兆円増えて176兆円
順調に増えているように見えますが、内訳を見ると

お札 2000億円 微増
小銭 250億円 微増

ということは、日銀の口座に入っているお金が急激に増え田ということです。でも日銀の口座にお金が増えたところで、あなたには関係ありません。色々戦略がありましたが、政府の一番狙いは日銀の当座預金にお金を積んでいくので、金融機関はそのお金を借りて民間に貸し出してください!ということにあります。

発表後9カ月後、マネタリーベースは134兆円から201兆円へと大きく変化しました。

内訳は
お札 7兆円強 増大
小銭 1000億円 増大
日銀の口座 107兆円

確実に流れるお金がふえていきました。そして目標通り2015年1月270兆円をきれいに突破しました。

出回っているお金の量がどんどん増えているのですが、この分が増えていないと目減りしているということになるのです。
2015年の時点でお札の量が11兆円弱増えました。そうなると出回っているお金は1割以上も増えていることになります。
つまり全体の資金力を個人で見たときに、2年前と比べて貯金が1割増えていなければおかしいのです。
でもおそらく貯金してた人はだれ一人そうはなっていないでしょう。

あくまで平均化の話ですが、出回っているお金が1割増えれば、貯金が1000万円ある人なら1100万円になっていないとおかしいわけです。
これが貯金のリスクであり、資金の目減りなのです。

難しいお話しましたがわかりましたでしょうか?

簡単に言うとあなたが何も知らない間にあなたの貯金価値は間違いなく減っているということです。

現在のマネタリーベース492兆円まで達し、どんどん進んでいます。だから資産形成は早めに始めることをおすすめします。

わからないことは専門家もたくさんいますが、わからない方はまず内田かなまでご連絡ください。



LINEで無料相談

内田かなカテゴリの最新記事