近内勇介【インフレとは何か】

近内勇介【インフレとは何か】

こんにちは!近内勇介です。

昨日、黒崎ひろきから引き継いだ、なぜ「財産が目減りしている」状況になってしまうのかについて説明します。
それはこれからインフレ時代に突入するからです。まずは日本の過去の情勢を考えてみましょう。

1990年まで日本は高度経済成長の中にありました。
人口は増え、給料が上がり、お金を持ったことで消費意欲も上がった。
結果として物の価値、不動産の価値、株価もどんどん右肩上がりでした。

この時インフレの時代が始まったのです。

ではインフレとは何か?ということについて話していきましょう。
まず物価が上がります。そしてお金の価値が下がります。

なぜ物価が上がるのかというと、市場に流れているお金が増えていき消費意欲も上がっていく。
そうなると需要と供給のバランスが追いつかなくなり、物価があがります。

イメージしにくいかもしれませんが、レアな商品があれば次第に値段は上がりますよね?それが商品全体で起こるということです。

また世の中にお金が多く流通することで、お金の価値は下がります。

これは両方ともインフレの状態です。

1990年の日本で起こったインフレでは、不動産、株を買って大儲けした人たちが数多くいました。なかには、資金の借入れをしてまで積極的に株や不動産を買い集めた会社もありました。自己資金だけでは限界があるのですが、儲かるとわかっているのであれば、金融機関から借入れを行って積極的に株や不動産に投資するほうが圧倒的に資金を増やすことができます。だから会社は融資を受けてどんどん投資していました。

そしてやがて1990年ごろにバブルがはじけ、日本は20年以上続くデフレ時代に突入しました。
デフレとはインフレの逆で、物価が下がり、物価に対してお金の価値が上がるということです。

デフレ時代では株や不動産の価値が下がり、資産を大きく目減りさせました。
この時代に儲けた人は基本的には投資をせず、現金をコツコツと貯めた人が資産を蓄える時代でした。

僕たち20~30代の人はデフレ時代しか経験してないので、よくわからない人が多いと思います。
でもここを理解しているのとしていないので全然違いますので必ず抑えておきましょう。

2012年に発足した安倍政権で時代の流れは大きく変わろうとしているのです。

20年以上も続いたデフレからインフレに変われば、今までと同じような資産運用ではうまくいきません。
今後はインフレ時代に備えた資産形成を考えなければいけません。

では昔のインフレと今のインフレはどこが違うのか?
ここについては明日、内田かなさんからお伝えさせていただきます。



LINEで無料相談

近内勇介カテゴリの最新記事