サラリーマン不動産投資ポイントまとめ

サラリーマン不動産投資ポイントまとめ
会社の給料だけで老後の資金を貯めるのは難しい。近年副業を認める会社が増えていることは、「一生を面倒見ることはできないから、自分で何とかやってくれ」というメッセージと捉えるべき。
自分の体と時間を使って、それに比例して対価を得られることを「労働集約型ビジネス」という。しかし、労働の対価としてお金をもらっていると自分の労働力として吸い取られてしまうため、考え方を改めたい。
「勤務先」「年収」「勤続年数」「金融資産」「借入の状況」など融資の返済に影響を与えそうな重要な項目のことを「属性という」また、会社員や公務員は属性が高く、不動産投資を始めるのに向いている。
不動産投資を始めるのにあたり、貯金は300万円以上あればいいが、最低貯金100万円程度は欲しいところ。しかし「フルローン」「オーバーローン」というローンの組み方もできるので貯金なしの人でも不動産投資を始めることができる。
年収に合わせて買い方や物件があるので不動産投資は年収300万円からでも始められる。
株式や債券、不動産などで資産価値が上がることで得られる「値上がり利益」のことを「キャピタルゲイン」と呼ぶ。また、預貯金や債券の利子、株の配当、不動産の家賃収入などチャリンチャリンと継続的に得られる収入を「インカムゲイン」と呼ぶ。
不動産投資賃貸業は江戸時代から始まり、300年以上続いている事業。不動産投資に関するトラブルやリスクへの対策は十分確率されており誰がやっても成功する「再現性」が高いビジネスモデルとなっている

青木宏樹カテゴリの最新記事