知っておきたい買取と下取りの違い

まず最初に、買取と下取りの違いについてご紹介いたします。
現金化 買換えの有無
買取り 関係無し
下取り ×

上記表を見て貰えれば分かるように、買取りと下取りの違いというのは
現金化・買換えの有無の違い。
といった解釈で概ね差し支えないかと思います。

もう少しだけ掘り下げますと

買取はバイクを現金に換える手段であり
“買換える気がもしあるのなら、支払いの足しにも出来ますよ”といったものです。

だいたいのバイクには、予め買取上限価格というものがつけられており
買い取ったバイクは、業者間市場と呼ばれる業者間専用のオークションで売買されています。
買取専門店の多くは買取専業ですから、大手でない限り独自の販売ルートを持ちません。
ですので利益を出すためには、業者間オークションでバイクを売ってしまわなければなりません。
そういった理由から、市場での手数料・儲けを差し引いた金額が、私たちのバイクの買取(上限)価格となる訳です。

どこの買取業者も、業者間専用のオークションでの取引価格を基準に考えています。
ですので、地域による値段の差というのはそれほどありません。


次に、下取りについてですが
下取りは、バイクを買換えるのを前提として取り扱われています。
ですので、次に購入するバイクをあらかじめ決めておかなければなりません。
新規購入バイクを決めたら、その値段から下取り価格を引いた差額を支払う
という形になりますので、下取りに出したバイクの現金化が出来ない訳です。


買取りか下取りどちらを選ぶかについては
“買取業者の買い取り価格”“バイクの値下げ幅(差額)”を見ると良いでしょう。

下取りと買取の違いについては以上となります。
買換えを考えているのなら、下取りと買取どちらも利用してみて
価格が高かった方を選ぶと良いでしょう。

買換えを考えていない・決めかねている場合は
買取業者を利用して、現金化してしまいましょう。

このページの先頭へ