知っておきたい査定の注意点

愛車の相場を調べるのには、オンライン査定や一括査定といった方法もあります。

メーカー・排気量・バイクの車種名・連絡先などの入力項目があり
その情報を送るだけで、見積もり価格を知らせてくれる。
といったような、手間隙を一切かけずに済む大変便利なものです。

しかし、知っておいて欲しいことがあります。
それは何かというと
送られてきた金額というのは、上限金額であり、査定金額ではないということです。

どういうことかと言うと
年式と車種が同じで、新品に近い状態のものにつけられるものが上限金額であり

査定金額は、出張査定・持ち込み査定のように
実際のバイクの状態を査定士が見て
傷などの問題要素によって上限金額から引かれた最終的な金額というのが、査定金額になります。

詰まるところ、(バイクの状態にもよりけりですが)
提示された金額で売れることは少ないので
“自分のバイクがどのくらいの値段で売れるものなのか”
あくまでその目安として考えると良いでしょう。


大まかな指標が出来たところで、後は出来る限り多くの店に査定を依頼しましょう。
一社だけでは適正な査定金額かどうかの判断は難しいものです。
そこで損をしないために必要なことは、より多くの情報を得ることです。
その為に複数の業者を利用します。

バイクの状態によって査定金額が下がるとは言え
買取業者によって査定金額は変わります。
雀の涙ほどの差額だとしても、損せず得取るためには
そういった労力を惜しまないことが肝心です。


査定を依頼する人の多くが
“売らなければならないのか”
“断った場合帰ってくれるのか・帰らせてくれるのか”
という不安を抱いていることかと思います。
査定士が帰らなかったとかそういう話もよく耳にしますしね

結論から言うと、決してそんなことはありませんのでご安心下さい。
一番重視されるのは「あなたの意思」です。
査定額に納得がいかなければ、断る。それだけで良いのです。


しかし相手も営業ですから、しつこく食い下がることもあるかと思います。
そこで大事なのも、やはりあなたの意思となります。
面倒だからと呑んでしまうのか、断るのか

どちらにせよ、明確とした意思を見せることが大切です。
あまりにしつこい相手には法的措置もとれますし、
何より優柔不断でなあなあな様子を見せてしまうと
相手は、“この相手ならいける”と踏んで、畳みかけてきます。


あなたとあなたのバイクを守る最後の砦は、あなた自身なのです。
イエスマンにならないことが、損をしないための一番のポイントです。

このページの先頭へ